車査定の相場を知ろう|お世話になった愛車との別れ

お金

乗らない車を処分する

車

買い取ってもらえないと簡単にあきらめないで、そんな廃車でも買い取ってくれる業者はいますので、一度そういう業者に査定をしてもらいましょう。自費で廃車処分しようと思っていた車が、思わぬ価格で売れるかもしれません。

詳細

中古車のお得な買い方

レディ

金融車は実際の中古車の相場の半額以下であるため、買取専門店に購入依頼する人が増えています。書類作成と手続きや使用者に詳しいこともありますが、わざわざ特化した店で購入するのは、買取保証や車ローン、任意保険加入の仲介も可能だという点にもあります。

詳細

中古車を賢く売る方法は

困るメンズ

中古車買取店によっては買取価格にかなりの差があるので、損をしたくないなら、複数の見積もりを比較することが大切です。高価買取で人気のお店を選べば、かなり古い型の車でも、相場よりも高く買ってくれることがあります。

詳細

査定の際の価格

電卓を持つ人

査定価格はどう決まるか

車査定の際の買取価格は諸々もの要素できまりますが、一番大きいのは車自身の価格です。元々高級車だった車であれば相応に高く売れますし、多少安い車でも人気車種であれば高く売ることが可能です。また地域や時期によって相場というのも存在しています。例えば春先などは新生活で車が必要になる方が多いので若干ですが高めに買い取られる傾向があります。逆に冬やボーナス前は買い控えがあるのでどうしても安くなるのですが「冬のうちに買い取りをして」という方針を取る企業もあります。このように車査定の価格は相場や車体価格含め複数の要因から決まるので、車査定を依頼する際は一社だけではなく副数の会社に申し込みをしっかりと比較するようにしましょう。

売値を見極めるコツ

車査定でだされる売値は一番は車体価格ですが、時期や需要、地域によってもかなり変動します。例えば相場としてボーナス前は需要が減るので価格が低く、ボーナス時期は需要が増えますので相場が高くなります。また世の中の景気がいいと利用者は新車購入に動くので中古車の相場は下がり、価格も下がる事になります。逆もしかりで景気が悪くなると全員が中古車にあつまるので、車査定価格は高くなる傾向があります。相場は一般的に「需要があれば高く、なければ安く」という法則で動いているのでしっかりと需要と相場を見極めて査定に出すことが大切です。また相場が多少低くても車の状態が良ければ高く買われるので普段から大事に車に乗ることも大切です。